夜の動物園、ナイトサファリに行ってきました

夜行性の動物たちを見ることができる動物園、ナイトサファリに行ってきました。

 

大人気の場所なようで、ディズニーランドかと思うぐらいの人の多さでした。

日本人のお客さんも多く来られるのでしょう。日本語のパンフレットが置いてあったり、日本語の案内板があったりで、配慮がありがたかったです。

 

ちょうど晩ご飯の時間帯でお腹が減っていましたが、サファリ内のレストランや売店の値段が高すぎたので我慢することに。少し腹ごしらえをしてから来れば良かったと少し後悔しました。

 

蚊が多いという情報もありましたが、動物園の方が虫除け対策をしてくださっているようで、園内中虫除けのレモングラスの良い匂いがしていました。お陰さまで、一匹の蚊にも刺されませんでした。

 

初めに行ったのが、野外劇場で行われる夜行性動物たちのショー。

MCのお姉さんのトークが軽快で面白く、お客さんイジリが上手。あっと言う間に観客を引き込み、ボルテージを上げてくれます。

動物が驚くから「フラッシュ禁止!」と何度も聞かされ、言わされました。それでもフラッシュを焚いてしまうお客さんが多数いました。大勢の人たちにルールを守ってもらうことは、簡単なようで難しいことなんですね。

オオカミやカワウソといった、あまり芸をするイメージの湧かない動物たちがショーを見せてくれました。ただ見るだけでなく、お客さんにステージに上がってもらって動物と触れ合う時間もあり、観客席まで動物を連れてきて近くで見せてくれる時間もあり、見応えのあるショーでした。

IMG_2839

 

ショーが終わってから、トラムでサファリ内を40分ほどかけて一周しました。途中で下りて、歩いてサファリを回ることもできるようです。

トラムは動物がいるポイントで止まってくれます。触れそうなぐらい近いところに動物がいて驚くこともありますし、探さないと見逃してしまいそうになることもありました。夜に動物を見るというのは、こっそりと動物のプライベートを覗いているような気分になります。根が変態なのか、なかなか興奮します。

このトラムに乗るのに約1時間待ち。ビッグサンダーマウンテン並みです。

待ち時間は、グループで来園している方々がそれぞれの国独自の手遊びやゲームをしているのを見て楽しみました。園内はFree Wi-Fiが使えますが、場所によって電波が不安定なのか、通信速度が遅かったので、携帯で時間を潰すのは諦めました。

 

残念ながら、ナイトサファリ内の動物の写真は一枚も撮れていません。

 

帰りはクーラーがよく効いた近未来なデザインのバスに乗り、テンションが上がっていましたが、急に腹痛に襲われ一気にテンションが下がってしまうという事態に。旅行2日目にして腹痛…早すぎます。弱すぎます、私のお腹。

 

Mariko

——————————

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

No Comments

Leave a Reply